読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

プチ技術メモ

技術系の情報を中心に適当に書いています

RedmineのTimeTracker Pluginが使いやすい

Redmine

Redmineで作業時間をストップウォッチみたいな感じで記録するプラグインがないか探していて、見つけたのがTimeTracker Pluginです。このプラグインをインストールすると、画面右上の「個人設定」の隣に現在作業中のチケットの作業時間が表示されるようになります。
使い方は非常にシンプルで、

  1. 作業を開始する時に対象となるチケットを表示して、画面右上の「開始」をクリック
  2. 作業を終了する時に画面右上の「終了」をクリック
  3. Redmine標準の作業時間の記録画面が表示され、初期値として開始から終了までの時間がセットされる

また、管理者権限のあるアカウントログインすると、画面左上の「管理」の隣に「作業時間」リンクが表示されます。「作業時間」リンクをクリックすると、現在作業中のチケットの一覧が表示することができます。

ちなみに、このプラグインを最初に試した時には、日本語の翻訳ファイルが存在していなかったので、適当に翻訳してGithubに上げておいたら、本家のプラグインに取り込まれていました。それと、本家のプラグインだと、RedmineをサブURLで動かしている場合に、画面表示のリフレッシュが正しく行われないようなので、適当に直しておきました(こっちは本家のプラグインに取り込まれていません)。

デモサイトにもインストールしたので自由に使ってください。

    • ログイン:sandbox
    • パスワード:sandbox