読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

プチ技術メモ

技術系の情報を中心に適当に書いています

GitLab 6.1にアップデート後にIssueがリナンバリングされるのを元に戻す方法

GitLab 6.1からIssueやMerge Requestの番号がプロジェクト毎に1番から採番されるように変更されました。それに伴い、既存のIssueやMerge Requestが1番からリナンバリングされてしまいます。


このため、コメントなどで'#123'のように記述したリンクが壊れてしまう問題が発生します。
対策としてisseusとmerge_requestsテーブルのiidをidで強制的にUPDATEすることにより、元の番号に戻すことができます。

UPDATE issues SET iid=id;
UPDATE merge_requests SET iid=id;

ちなみに、公式にサポートされている方法ではないので、思わぬ不具合が出るかもしれません。お困りの人は、自己責任でお試し下さい。

ついでに、リナンバリングしないようにするプルリクも出してみましたが、見事にスルーされています。
GitLabの利用者は、アップデートで過去のリンクが壊れても文句を言わない、おおらかな人が多いようです。私もおおらかな気持ちを持てるように精進したいと思います。